スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

4月4日「ヴォランド」

こんばんは。
今日は大阪は中崎町に『ヴォランド』(濁流、旗揚げ公演)というお芝居を観に行きました。

これは大学の先輩で劇作家の青柳憲司氏が作家で参加しているし、『適切な距離』にも出演してくれた大江雅子も出ているので、必見やなと。

狭いワークスペースで俳優達が躍動する姿を見入っている内に終わった、思った以上に見やすく楽しいお芝居でした。

劇場と言うよりギャラリーのような空間でしたが、俳優が日常とは違う身体で存在している、この事実が浮き彫りになりました。ああ、だから劇空間なんや、とか当たり前のことを考えたり。

普通の体を求めて演技をすることも難しいですが、演劇って映画と根本的に違うアウトプットだったな、そういやあ、とか。

最近、劇団やっていた頃より演技についてずっと考えなくなっている自分にハッとします。演技を理論的に思考しなくなっているのは問題やなあ。
良い悪いの価値基準の先にある混沌にズブズブ足を取られ、いつの間にか思考停止。確かに考えなきゃいけないことの幅が拡張する一方なんで、それもありつつ…。
あとはドンドン「僕にとっての」という発想で事を運んで行くことが増えたというのもあります。好み、なんですかね。自分の作品のことばかり考えて潜ってばかりいた気がします。

腰を据えて、もう一度部屋に散らばったバラバラを箒と塵取りで集めてみようかなとか思った夜でした。
では。
スポンサーサイト
2012-04-05 : 大江日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tekisetsu

Author:tekisetsu
映画『適切な距離』

2012年9月1日(土)~14日(金)連日21:00~新宿K's cinemaにて公開が決定した大江崇允監督最新映画『適切な距離』公式blog。第7回CO2にてシネアスト大阪市長賞(グランプリ)。主演の内村遥が男優賞受賞。断絶した親子関係。生まれなかった弟と母の幸せな生活。久々のコミュニケーションは、母の嘘の日記だった。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。