スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

4月24日「形容詞」

こんばんは。

今日も撮影。



こいつが今回のカメラです。フルアーマーEOS。武装済み。

この撮影をしながら僕はヒーローものの新作を練っているのですが、脚本でお手伝いしてもらう青柳憲司氏と電話で脚本打ち合わせしていて色々とアイデアが繋がりました。面白い作品になりそう。

さて、そこで話していたのですが、映画ってしばしば「怖い感じ」とか「寒い感じ」とか「重い感じ」みたいに映画全体のプランを形容詞で物語ろうとする場合があります。これって失敗するパターンが多いと思うんです。何故なら形容詞って人間の感覚なので千差万別でコントロール不可能だからです。
でも、そう感じる映画は確かに存在します。狙っているようにも思えたり。

これは、実は違う角度から演出プランを立てているのではないでしょうか。
結論から申しますと、「映画(カットごと)の情報量を少しだけ飽和させる」ことだと。
観客から形容詞の感想を引き出すためにはこれが大事だと思います。少し飽和しているので、頭では理解(整理)しきれない。だけど感覚だけは機能していて、大まかなイメージで観たものをまとめようとして怖い、楽しい、などでくくる。

ここにたどり着くと観客同士で映画について話したくなったり、言葉にしたくなると思います。
逆に飽和し過ぎると「良くわからなかった」と言われるので危ないですが(笑)
そのギリギリのラインを探る行為がまた楽しいんです。

アイデアが詰まったヒーロー作品になればなあと思います。

では、またまた撮影へ。
『結婚前夜』も良い映画にしたいですね。
スポンサーサイト
2012-04-25 : 大江日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tekisetsu

Author:tekisetsu
映画『適切な距離』

2012年9月1日(土)~14日(金)連日21:00~新宿K's cinemaにて公開が決定した大江崇允監督最新映画『適切な距離』公式blog。第7回CO2にてシネアスト大阪市長賞(グランプリ)。主演の内村遥が男優賞受賞。断絶した親子関係。生まれなかった弟と母の幸せな生活。久々のコミュニケーションは、母の嘘の日記だった。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。