スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

5月1日「ヒーローを観る」

こんばんは。
ヒーロー勉強中です。

仮面ライダーは良く見ているのですが、最近は友人の勧めで『タイガー&バニー』を観ております。アニメです。
サンライズ制作やし観てみようと。
21世紀のヒーローの在り方を学ぼうと。

結構おもろい…。
ヒーローが実在のスポンサー名を体に貼り付けていたり、コメディとドラマを軽快に演出していて楽しんで見られる。

あと、敵の存在が希薄で面白い。悪の秘密結社なんか出てこないで、アメリカンな盗人とかを捕まえたりするだけという。つまり小者退治、ヒーローは強くて敵は弱いという構図。それをショーとしてテレビ番組として放送しているという構図で、「視聴率のためにもっと盛り上げて」とプロデューサーに叱られたり、人気を上げろと社長に言われたり、ヒーロー同士で人気の取り合いをしたり。ヒーローのプロレス化ですよね、ゲーム的と言いますか。
まだ四話までしか観てないんですが(笑)

ここからヒーローと同じように能力者(超人)が出てくるんでしょうが、モラルの問題やヒーローという道徳観、人としての葛藤(ドラマ)がメインになってくるんでしょうねえ。

敵が弱いって特徴やなあ。おもろいなあ。
やっぱり《敵》の存在ってヒーローものにはほんま重要な要素やと僕は思います。
まあ、その前にヒーロー自体も大事なんですけどね。どう設定するのか。弱小ヒーローでも日常ヒーローでも過去凄かったヒーローでも何でも、そこへの落とし所が作品の骨格になる訳ですから。

そして、《敵》。
僕の作品は敵の無個性化(非人格化)がテーマなんです。「そういう現象」が起こっているからヒーローが対応している、という感じ。敵に個性が弱いし、強さに差があまりないから「倒す」というより「駆除」っぽい。
そこから物語を始めます。

まあ、その後どう展開するかは未定です(笑)

完成したら是非観て下さい。10分が6話あって完結のドラマです。

では。
スポンサーサイト
2012-05-01 : 大江日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tekisetsu

Author:tekisetsu
映画『適切な距離』

2012年9月1日(土)~14日(金)連日21:00~新宿K's cinemaにて公開が決定した大江崇允監督最新映画『適切な距離』公式blog。第7回CO2にてシネアスト大阪市長賞(グランプリ)。主演の内村遥が男優賞受賞。断絶した親子関係。生まれなかった弟と母の幸せな生活。久々のコミュニケーションは、母の嘘の日記だった。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。