スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

5月14日「めぐり合わせ」

こんばんは。

ふと、批評家の渡邉大輔さんの言葉を思い出しました。
「初めから批評家になりたいと思う人はおそらくいないと思います」

先月、お茶した際に色々とお話をしていての一言でした。

僕は初めから映画監督をやりたいと思って志した訳ではありませんでした。
なんだかんだ色んな夢を放棄して、流れに流れ着いた先が今は映画を撮るポジションという。
これは即ち来年にも別の椅子に腰掛けている可能性があるということな訳で。

いや、別に映画に愛や執着がないって訳ではないんです。ただ力いっぱい創作して駄目なら引退やなあ、とかいつも危機感がまとわり付いとるってなもんで、これは多分上記のような理由なんやろなあと。
あと柔軟な発想ができるのも。

そう言えば、映画を撮り始めてまだ数年ですが、知り合いが異常に増えました。そういう出会いがここまであるっていうのも今までなかったので、驚きです。
あと、感謝したい人も増えました。ほんま今の自分がいるのは近くの連中のおかげやなあと。そういう気持ちは映画をやっていると永遠に思うことができそうです。それ自体にも感謝です。

批評家はどこか受動的な創作なので、きっと初めから憧れる仕事ではないと思います。でも流れ着いた人が自分の才能を発揮できたものが批評だった。
僕も流れ着いた先で自分の良さを発揮していきたいものです。

では。
スポンサーサイト
2012-05-15 : 大江日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tekisetsu

Author:tekisetsu
映画『適切な距離』

2012年9月1日(土)~14日(金)連日21:00~新宿K's cinemaにて公開が決定した大江崇允監督最新映画『適切な距離』公式blog。第7回CO2にてシネアスト大阪市長賞(グランプリ)。主演の内村遥が男優賞受賞。断絶した親子関係。生まれなかった弟と母の幸せな生活。久々のコミュニケーションは、母の嘘の日記だった。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。