スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

6月28日「カフカの城」

こんばんは。

初めてお会いした方に良く聞かれるのは、好きな監督っていますか、なんです。

「元々連ドラ好きなんですよ」
「仮面ライダーとガンダムにやっぱり影響受けてますかねえ」
「21世紀の映画しかほとんど観ません」
「『四ヶ月と三週と二日』大好きです」
「『美しい人』ってなんでか惹かれちゃいました」

その時に思ったことを言うんですが、好きな監督を聞かれてサクッと返事できないってどうなんですかねえと。

で、ちょっと考えたのです。
で、監督ではなくハネケ監督の『カフカの城』って感銘受けたなあと。

なのでこの映画について書きます(笑)

俳優の演出がまず抜群やなあと。
マジックリアリズム的(荒川アンダーザブリッジ、みたいな変な世界とその世界に迷い込んだ主人公の物語)になるんかなあと思いきや、主人公も変という。
要は世界自体が壊れている。

だけど、ずっと惹きつけられるんです。それは登場人物なりのリアルがそこには存在している気がガツガツしてくるから。
映画って実は穴ボコだらけなんです、ほぼ全ての作品が。だけど、その穴ボコが気にならないのがリアリティを伴った映画な訳で。そのためには登場人物の体中から滲み出るその世界への説得力が必要だと思います。

普通、映画は嘘を隠そうと努めるものです。
でも『カフカの城』は嘘を隠さず、そのまま並べて行きます。
ちょっと「ん?」って思ったりしても自分がディテールを見逃しただけなんかなあ、とかいう気分になる。それは俳優と演出のタッグが成す《その世界の説得力》なんやと思います。

まあ俳優はたまったもんじゃないですよね。点と点を線にできない。点を点のまま表現してくれと言われるようなもんですから。
例えば人を好きになるとする。そのためには必ずその《理由》もセットで表現されるはずです。
「この瞬間、彼女の言葉に共感するんだ」
「自分と似ているなあって思ったんだ」
その《理由》が存在しているのがドラマ(物語)です。

しかし、それができない。
「この台詞から急に好きになるんだ」
この場合、俳優は《理由》を紡ぎ出せません。それが『カフカの城』における俳優がした《演技》です。

一見、ただの不条理映画です。俳優は頭でなく、体でただ《反応》することを要求されているとも言えます。
しかし、つくづくこれが《映画》だなあと。

カメラで撮るのが映画なので、それには圧倒的な客観性がくっついてきます。
カフェで隣の席のカップルを見るように、そこに至る物語や内なる感情などカメラには映らないんです。だけど、おそらく隣の席の人の体からは人生(ここに至るまで)が滲んでいる。
それが映画の中の世界です。

映画って凄く曖昧で凄く誤魔化しばかりで作られてて、なんか詐欺っぽいですね(笑)
ふと思いました。

でもそれを『カフカの城』は全て分かっていながら作られている気がしてなりません。
俳優という役割も。
うーん、驚きます。

あと、《歩くシーン》が素晴らしい。
僕はただ歩くだけというシーンの持つ妙な魅力に魅せられた人間なので、これまた驚きです。

ただ上手←→下手に歩く横の姿を追い続けるだけなんですが、見入ってしまう。
前後の映っていないシーンとの兼ね合いを巧みに利用して、観客に映っている画面の何倍もの情報や他の画の残像を重ねさせるんです。
綺麗な画面を撮ることができる人は多いですが、90分の連なる画面の残像を利用して映画を作る人はそう多くないと思います。
監督ってここを心掛けて作るもんなんですよね。

まあ、そんなことも考えながら『適切な距離』は撮りました。映っている何倍もの情報が込められたワンカットの連続が映画やと思います。

では。
スポンサーサイト
2012-06-29 : 大江日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tekisetsu

Author:tekisetsu
映画『適切な距離』

2012年9月1日(土)~14日(金)連日21:00~新宿K's cinemaにて公開が決定した大江崇允監督最新映画『適切な距離』公式blog。第7回CO2にてシネアスト大阪市長賞(グランプリ)。主演の内村遥が男優賞受賞。断絶した親子関係。生まれなかった弟と母の幸せな生活。久々のコミュニケーションは、母の嘘の日記だった。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。