スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

7月16日「映画俳優」

こんばんは。

先週の話ですが、秋頃撮影予定の僕の新作オーディションの続きをしたのですが、その後、ミスドで来られていた俳優達と舞台と映画の俳優の違いについて話しました。

極論ですが、舞台は演技のことに集中することを求められるのに対して、映画は演技よりもスタッフや他のキャストがやりやすい場を俳優自身が作ることが必要なんやなあと僕は感じています。舞台と違って映画は色々なポジションの人が同時に動きます。その他とのバランスを考えるということも一つ大事なのではないだろうか、と撮りながら思うようになりました。
まあ、監督としてはそれを俳優がしてくれたら楽、いや助かるなあと(笑)

もちろん、舞台もそれが必要です。
でも舞台は稽古期間が存在して、この間は演出と俳優が主導のはずです。純度の高い芝居創作現場です。これがキモやなあと。

あと映画は「ただの労働」として現場に来る人が多く、尚且つ拘束時間が長いというのもあります。彼らはクリエイティブなことを現場では全く出来ないです。その割に彼らの現場での比重は高いです。
つまり、彼らにどう刺激的な体験をしてもらえるかは映画の現場では重要やと僕は思うんです。だから彼らの顔色は気になります。
だから俳優にも手伝って皆を先導してもらいたいなあ…、とか我儘を言ってしまう訳です、未熟な僕は。

なんて。

逆を言えば、映画俳優は演技が出来て当然で、それ以上の視野を求められるとも感じています。じゃなきゃずっこけます。

そんなことを話していました。

では。
スポンサーサイト
2012-07-17 : 大江日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tekisetsu

Author:tekisetsu
映画『適切な距離』

2012年9月1日(土)~14日(金)連日21:00~新宿K's cinemaにて公開が決定した大江崇允監督最新映画『適切な距離』公式blog。第7回CO2にてシネアスト大阪市長賞(グランプリ)。主演の内村遥が男優賞受賞。断絶した親子関係。生まれなかった弟と母の幸せな生活。久々のコミュニケーションは、母の嘘の日記だった。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。