スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

原作者について

原作者について

どうも、大江です。
今日は原作者の菊池開人について書きます。原作というか物語と脚本の根幹を設計したのですが。
『適切な距離』の物語評価の八割は菊池の手柄です。

菊池とは大学時代からもう十年来の付き合いです。一緒に劇団も旗揚げましたし、今度は映画を結果的に作りました。結果的にというのは『適切な距離』が映画を想定して書かれたものではなかったからです。

菊池のテキストの凄いところはとにかく画が浮かぶところです。彼の体を通した文体で綴られる文章、だからまとまりがなかったりもするのですが、その文章に余白があることが映画と僕には良い方へ作用します。
映画はカメラを使って何かを切り取る行為です。小説や論文のように滑らかに言いたいことを言えたりはしません。ゴツゴツしている印象です。シーンとシーンの間には必ず描かない時間が大量に存在します。その余白こそが映画であるとさえ確信を持てます。
僕の妄想と菊池の言葉がコミットしていけるのは、きっとこの余白があるからではないでしょうか。
ついつい奴の才能を世に出したくなります。

奴は愉快な奴です。女が好き過ぎて愉快です。何故かモテるのもわらけます。
ただ本を書くのが遅いのが難でしょうか。もう三年は書いていません(笑)
スポンサーサイト
2012-01-29 : 創作の過程 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tekisetsu

Author:tekisetsu
映画『適切な距離』

2012年9月1日(土)~14日(金)連日21:00~新宿K's cinemaにて公開が決定した大江崇允監督最新映画『適切な距離』公式blog。第7回CO2にてシネアスト大阪市長賞(グランプリ)。主演の内村遥が男優賞受賞。断絶した親子関係。生まれなかった弟と母の幸せな生活。久々のコミュニケーションは、母の嘘の日記だった。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。