スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

12月23日「二種類の人」

こんばんは。
『適切な距離』監督の大江崇允です。

ご無沙汰しております。

最近、新しい企画の脚本を書いています。あ、『鯨の骨』でも『クールジャパン』でもありません、すいません…。
とある小説が原作の映画なのですが、相変わらず順調に遅れております。執筆が。

今回も『適切な距離』の脚本コンビ、菊池開人と一緒に書いているのですが、いやあ、書けない時の書き手って二種類に別れますね。

〈書く人〉と〈書かない人〉です。
ミュージシャンでも画家でも多分同じですよね。
とにかく筆を進めることで辿り着くか、イメージに筆が追いつくまでほんま書けない人。
僕も菊池も確実に後者です(笑)

イメージがあるんです。でもそのイメージを具現化する手がない。技がない。腕がない。才能がない?
まあまあ、そこまで言わないで下さい。とにかく予定通り遅れながら書いています。

僕は一つの場面に最低三つの意味(正確には意思)を入れないと気が済まない面倒な奴でして、それがなかなか。
でも超えた瞬間は最高な気分で次の壁に向かえます。

さあ、今夜もまた脚本書くぞ。
まあ、それをここに書いてどうやんねん、ってなもんですが、年の瀬に更新したくて書きました。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

では。
2012-12-23 : 大江日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

12月2日「ハノイより帰国」

こんにちは。
ベトナムから帰ってきました。

『適切な距離』は長編コンペディション部門にノミネートされ、賞も…って考えていましたが駄目でした。残念。



写真はハノイでの公式記者会見です。

また続きは今度ー。

では。
2012-12-02 : 大江日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

11月16日「来週ハノイへ」

こんばんは。
『適切な距離』監督の大江崇允です。

久々ですね。書くの。

とうとう来週末からハノイ国際映画祭へ行って参ります。
『適切な距離』が海外へ行くのはこれが始めてなので嬉しいです。しかも国際映画祭の長編コンペディション部門だそうで、いやあ、競うの大好きなので。

初レッドカーペット(笑)
服装が心配です。服のセンス皆無です。
僕だけじゃなく脚本の菊池も悲惨なので、服装で作品が悪いって思われないようにしないと…。
楽しみです。なんか年中暑い国らしいので、体調とか気を付けないといけないなあと。

では。
2012-11-16 : 大江日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

10月24日「スクランブル2」

こんばんは。

なんか最近は映画のことを全く書いていないのですが、お許し下さい。

今日もASKAを聞いています。ニューアルバム『SCRAMBLE』、いやあ、いいじゃないですか。
え、ここまで行ってしまうのか、と驚きます。宇宙ですよ、語っているのは(笑)
解放=幸せ、って彼は最近良く口にするのですが、まさにこのアルバムは解放です。小細工なしにバンってメロディを歌うことだけやっているような、だからこそ声がとにかく届いてくる。
でもやっぱり凄いのは、え、何この曲、全然音程取れへんがな!というところ。聞いていると歌えそうな一見綺麗なメロディラインなのに、なんか変な曲ばかり。
カラオケでは歌えない歌ばっかりです(笑)
これサラッと歌ったらめっちゃ歌上手い人です、絶対。
よく彼の曲はコード進行が独特だと言われるそうなのですが、まさにその真骨頂。むしろめちゃめちゃ。よくこれで綺麗なメロディ作れるなあ(笑)
今までのアルバムで絶対一番変です。
解放するとそうなるんでしょうね。

曲がバンバン浮かんでくる全盛期の感覚が戻って来ていたそうです。
「まとめ」の段階でそれができたのが良かったと。多分人生をいくつかの段階に分けて、今は色々なことをまとめにかかる時期ってことだと思います。

とにかく聞いた人と語りたいです。

はい、では一曲ずつ解説をしますー。
まずは一曲目。ペットボトルロケットが青い空へ飛んで行く様子に感動する子供と昔アトムが夏の空を舞う姿に感動した自分は同じなんだという『UNI-VERSE』。2008年に出したシングルですね、これは。
ちなみにユニバースって辞書に載ってるあの普通の意味と『一つの、フレーズ』って意味もあるようです。バースって音楽用語?だそうです。
一つに繋がって行く、みたいな感じですね。
これを書けたことは彼にとってかなり重要な出来事だったようです。確かに、拡張する=縮小する、という真理をこんなにうまく描ける人はそんなにいないですよ。

あ、ちなみにASKAは詞がやばいぐらい良いんです。これはもう次元が違う。
曲と詞を重ねて違うところへ運ぶ天才です。

長くなりそうなので、また近々書きます。
むしろ誰かに話したい、手が気持ちに追いつかない(笑)
もっと早く書く手が欲しい。

では。
2012-10-24 : 大江日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

10月20日「スクランブル」

こんばんは。

出ましたね、ASKAのニューアルバム『SCRAMBLE』。いやあ七年振り?
待ってました。

しかし、なんか変なんです。
発売日に店に並んでいないし、Amazonで予約したらまだ届いていないという…。
何これ、品薄?
まあ、明日あたり届くでしょう。

それに合わせて雑誌のASKA特集をぴあが出しましたね。
これが面白い。

彼は自分が成功できた訳を「運」って言い続けています。
確かに僕ですら運は最大の秘訣だと思うんです。
あとは「何も知らなかったこと」だと。
彼は音楽をあまり知らずに我流で始めたので、いつも手探りで音楽と戦ってきました。音楽はほんまロジカルな世界だと聞くので知識が先行するとどうしてもまとまった創作しかできなくなるんだろうなあとか思いました。

そういやあ先日、批評家の葛生さんに大江くんは映画を学んでいない(知らない)ことをコンプレックスに感じることはないよって激励されました。

僕の半分はチャゲアスの音楽で出来ているので(笑)、なんかそういう部分でも似てくるのかなあ、とか勝手に嬉しくなりました。

ASKA氏の次の一歩はいつも僕のコンパスになっているなあ、とか。
心が踊りました。

では。
2012-10-20 : 大江日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

tekisetsu

Author:tekisetsu
映画『適切な距離』

2012年9月1日(土)~14日(金)連日21:00~新宿K's cinemaにて公開が決定した大江崇允監督最新映画『適切な距離』公式blog。第7回CO2にてシネアスト大阪市長賞(グランプリ)。主演の内村遥が男優賞受賞。断絶した親子関係。生まれなかった弟と母の幸せな生活。久々のコミュニケーションは、母の嘘の日記だった。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。